会社の虐めどうしたら対処できる?【法的措置に頼るべきですか?】

こんにちは、ヌサバリです。

会社で酷いいじめを受けている、なんだか嫌われているようだ、グループに入れてもらえない、そんな悩みを抱えている方はすくなくありません。

  • このまま続けていくべきなのか
  • 我慢しておいた方がいいのが
  • それとも誰かにそうだんしたほうがいいのか

どのように対処してよいのかわからず一人悩んでいるかもしれません。

そこで今回は、そのような方に向けて、会社でいじめにあった時の対処法についてお話します。

会社で虐めがあったら同僚に相談してみよう

大きなアクションを起こすまでに、まずは気の置けない同僚に相談してみましょう。

もちろん、口が堅くて、信頼できる人であることが条件です。

一人で解決できないので、とりあえず意見を聞く意味でも相談してみましょう。

この時には、まだ進退を決めていないことを伝え、絶対に他言しないようにお願いしましょう。

まず、事の大きさを客観的にしるために、人の意見を聞くことが大切なのですが、見誤ると、事が大袈裟になって収集がつかなくなるので、とりあえず口の堅い人に聞いてください。

例えば、あなたが感じている冷たい目線や、阻害的な態度は、いじめではないかもしれません。

その上司は、だれにでもあたりが強い、みんな同じ目にあているというような場合もありますので、このような場合は、あえて事を荒立ててないほうがいいこともあります。

ですので、まずは協力者に相談をして客観的な意見を聞いてみることです。

この時に、「それは酷い」「そんな話は初めて聞いた」というような反応があれば、これはあなたが腰をあげて、対処する必要があります。

会社で虐めがあったら上長に相談する

最も懸命でことを早く収束する方法としては、上長に相談するということです。

同じ部署内の直属の先輩などであれば、上長の方から注意してもらうこともできます。

場合によってはチームや業務を変えてもらい、いじめをしている人と接しなくてもいいようなポジショニングにしてもらえるかもしれません。

上長は、あなたの仕事ぶりや能力を査定する立場です。

できるだけ客観的にどのようないじめにあっているのかということを伝え、どれくらい仕事でデメリットがでているのか。

例えばその人のおかげで仕事が上手く進められない、精神的なストレスで仕事に集中できないといようなことを伝えましょう。

ただ、辛いんですとか、傷ついていますというような感情的な訴えだけにならないようにしてください。

あまりにも自分本位の内容ですと、どちらが悪いのか上司も判断し兼ねることと思います。

冷静に事の成り行きを伝え、どのような不利益を被っているのかを伝えるのがよいでしょう。

会社で虐めがあったら部署を変えてもらう

またいじめがかなり酷い場合や、部署の全員からのけ者に慣れている、部署のメンバーの仲間に入れてもらえない、というような「個人のいじめ」というよりは集団的ないじめである場合は、部署を変えてもらうのが一番です。

この場合、部署変更や人事異動のタイミングが近ければ、人事担当者の方などとの面談で言うことができます。

そうでない時期であれば、伝えるのが難しい場合もあります。

そういった場合は、これ以上被害がひどくなる前に、いじめがあることを伝えておいたほうが無難です。

もしかすると、他にも被害になっている人がいるかもしれませんので、きちんと報告しておいたほうが、同じような被害者を作らないことにもなります。

もし部署を変えてもらうのが当面は難しければ、人事の方からその人に注意をしてもらうとか、なんらかの罰則を与えてもらうのも一つです。

あるいは、究極にいじめをしている人がいるのであれば、その人自信を部署変更してもらうのも良い方法です。

会社の虐めの対処法-会社のメンタルヘルス相談室などに相談する

もし大きな会社でメンタルヘルスなどを相談する窓口がある会社であれば、そういった担当者へ相談するのも一つです。

部署を変えてもらう前に、自分自身のこころが傷ついていて、自信を無くしてしまっているのであれば、まずはそれを回復してから動くのも良い方法です。

もしかすると、会社にいくのが嫌だとか、仕事へのやる気が失せてしまったということだと、他の部署へ移っても、あまり実力を発揮できないことになるかもしれません。

そうすると、せっかく移動しても周りにあまり良い印象をもってもらえず、いじめからは決別できても、結局あまり居心地がよくない思いをすることになる可能性もあります。

ですので、まずはいじめで傷ついた気持ちを回復させてからどのようなアクションを起こすかを考えるのもいい方法です。

そのために、カウンセリングなどを受けて、気持ちをいやすことから始めましょう。

最近は、職場のいじめから鬱や自律神経失調症などを起こすケースも増えていますので、そうならないように、適切な治療を受けておくことをおすすめします。

会社の虐めに対応する方法-外部機関に相談する

本当に酷いいじめで、パワハラに近いようなことであれば、職場内で解決させるのが難しい場合があります。

相談したことでさらにいじめがひどくなる恐れがあります。

場合によっては、社内ではなく、外部に助けを求めた方がいいこともあります。

例えば、

  • 嫌がらせで過労な勤務を強いられている。
  • 強制的な残業や過密なスケジュールを余儀なくされている。
  • 減俸や査定などに響いている。

というような明らかな労働環境に関する嫌がらせがあるのであれば、労働基準監督署や労働組合、社労士などの団体などが窓口となります。

第3者に間に入ってもらって、話し合いで問題を解決することができます。

ただし、このように第3者機関に相談する場合は、ある程度覚悟しておかないといけません。

これはある意味では外部に社内の問題をリークすることにもなりますので、問題が大きい場合のみの方法です。

会社の虐めにどうしたら対処できるか考える-まとめ

このように会社でいじめにあった時は、事と次第によっては大きな問題になることもあります。

反対に、あまり大ごとではないので、自分でなんとかなりそうなときもあります。

そういう意味では、その大きさに応じて適切な判断をする必要があります。

まずは、

  • どうしていじめられたのか。
  • 自分にも何か悪いところがなかったのか。

と振り返って反省したり、態度をあらためるだけで解決することもあります。

よく考えてから行動するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です