【会社を辞めるタイミングは?】円満退職するための重要ポイントを解説!

会社を辞めたいと思っている人は「今すぐに辞めたい」という気持ちが強いはずです。

ですが会社を辞めるには「タイミング」が大切になります。

タイミングが悪い時に上司に退職したいということを伝えても流されてしまうこともあります。

今すぐに辞めたいという気持ちがあるのに退職の話を流されてしまっては仕事へのモチベーションも上がりません。

では、退職しやすいタイミングとはどんな時なのでしょうか?

会社を辞めたい人に知っておいてほしい退職しやすいタイミングをご紹介します。

会社を辞めるタイミングは10月と3月に合わせる

転職が有利に進められる時期は10月と3月が最も求人の多い時期と言われています。

そのため現在勤めている会社も10月と3月前後になると求人を出し始めることが多いです。

なので10月もしくは3月に「会社を辞めたい」ということを上司に伝えると他の月に比べて辞めやすい状況になります。

会社を辞めるタイミングはボーナス時期後がオススメ

「会社を辞めたいということを言いにくい…」と思い中々言い出せない方はもちろん、金銭面が心配で中々退職に踏み出せない方も居るかと思います。

ですが、ボーナス時期の退社であれば金銭面での不安もそれほどなく、「今までの自分へのご褒美」としてありがたくボーナスを貰ってから退職することができます。

退職するからといってボーナスが貰えなくなるということは基本的にはないので、ボーナス時期後の退職が良いです。

会社を辞めるタイミングは年度末が円満退職できる

ほとんどの会社の年度末は3月かと思います。

年度末は基本的に仕事のきりも良く、年度末後は比較的手飽きの時間が多いことから退職しやすい時期とも言えます。

また、繁忙期が終わり手飽きの時間が多い時期になることから、引き継ぎをする方もされる方も困らない時期でもあります。

自分の都合で退職できるのが1番理想的ですが、会社によって引継ぎをしなくてはなりません。

年度末であれば周囲の人にそれほど迷惑をかけることなく、円満退社をすることができます。

会社を辞めるタイミングは後輩が育ったとき

新入社員が入りやすい4月と11月頃に退職をすると会社は人手不足となり円満退社しづらい状況になります。

そのため「退職時期ずらせない?」などと上司から注意されてしまう場合もあります。

新入社員が育った7月や2月頃に退職をすると、新入社員にも会社にも迷惑をかけることなく退職することができます。

退職しておきたいヤバイ会社とは?

退社をそれほど考えていない方でもふとした時に、

  • 会社辞めたいなー…
  • 何かいい仕事ないかな…

などと思う方も少なく無いと思います。

会社を辞めたいと思ったり、転職先を探す行動をするということは、今の会社に対して少なからず不満があるということです。

今すぐ退社を考えた方が良い会社としては、

  • 仕事への楽しさややりがい等が感じられず、収入のためだけに働いている
  • 体は疲れているのに仕事に対しての過度なストレスで毎晩のように眠れない

ということが主な理由になります。

辛い毎日を過ごしているのに仕事へのやりがいを感じられないというのはもちろん、後に体を壊してしまう原因にもなります。

退職に対してネガティブなイメージを持っている方も少なく無いかと思います。

ですが、退職して新しい生活を始めることで、今よりも遥かに楽しい生活を送れる可能性が高くなります。

「会社を辞めたいな」と何度か思ったことがある方はこれを機に退職をして新しい場所で働くという選択もあります。

会社を円満退職をするためにはタイミングが需要

退職をするのであればやはり円満退職で会社を辞めたいという方がほとんどかと思います。

ですがそもそも円満退職をするにはどうしたらいいのか分からないという方がほとんどです。

円満退職をするには主に2つのポイントがあります。

退職を切り出す時期と言葉

ほとんどの会社が基本的に退職をする1ヶ月~2ヶ月前に切り出さなくてはなりません。

法律上では2週間前に退職を申し出れば問題ないとされていますが、「2週間後に仕事を辞めさせてください」と上司に言い、「分かりました」とすんなり了承してくれる会社はまずありません。

また、もし2週間後に退社を了承してくれる会社があったとしても、円満退職できる確率はかなり低いです。

その理由としては2週間では退職の準備や引継ぎ等、周囲の人がバタバタになってしまうため、

  • なんでそんな急に辞めるわけ?
  • 本当自分勝手

などと残された社員等から陰で悪口を言われる状況になり得ます。

円満退職を望んでいる方は退職を希望する1ヶ月~2ヶ月前に切り出すと良いです。

そうすることで周囲の人はそれほどバタバタすることなくゆとりを持って退職準備や引継ぎをミスなく行うことができます。

  • 会社を辞めたいと思っていまして…
  • 近々退職を考えています

などと曖昧な言葉を上司に言うのではなく、

  • ○○が○○の為〇月には退社をしたいと考えています

などとハッキリと退職への意欲を出すことで、上司も早い段階で退職への行動に移してくれます。

曖昧な言葉で言ってしまうと「○○さん退職するの本気だったの?!何も準備してないよ」などと言われ、気持ちのいい退職をすることができなくなります。

退職理由

会社を辞めたいと思っている方の退職理由として多いのが、

  • この会社で仕事をしたくない
  • 人間関係が無理
  • 毎日疲れが取れなくて体が悲鳴をあげている

といったものです。

ですがこうした理由で退職をしたいという意欲を上司に見せると、

  • 人間関係が嫌なら違う店舗に行く?
  • あなただけじゃなくみんなそう思ってるよ

などと言われてしまいます。

なので、退職理由を嘘でも明確にしておくと円満退職をしやすい状況になります。

例として挙げるのであれば、

  • 家族の介護をしなくてはいけなくなった
  • 近い将来○○をやりたいと思っている

などです。

自分の都合ではなく、周囲の人の都合で退職をしなくてはならないとなると、上司も快く退職を了承してくれます。

円満退職を望んでいる方は、この2つのポイントをすることで円満退社に近づくことができます。

会社を辞めるタイミングを決めるなら半年以内の計画を考えよう

会社を辞めるタイミングをご紹介しましたが、「会社を辞めたい」と思ったらまずは半年以内の計画を立ててみてください。

半年以内に転職先を探し、円満退職をし、新しい生活をしている自分が想像できる方は前を向いている方です。

半年以内の計画はもちろん、半年以内の自分が想像できないもしくは今と変わらない生活しか想像できないという方は、何かしら行動に移さないとずっとその会社で働き続けることになります。

会社を退職するのは決して悪いことではありません。

タイミングを理解して退職をすれば誰だって円満退職をすることができます。

退職に対して少しでも考えている方はまずは半年以内の計画を考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です