仕事できないつらい社会人の改善方法は?【最終的には時間が解決します】

こんにちは、ヌサバリです。

仕事をしているとつらいことはいくらでもあります。

その中でも仕事ができないつらさは経験者にしかなかなかわかりません。

周囲の人や同期が難なくこなしている仕事も、自分だけできていないと悔しいですが、さそれを上司などに指摘されると本当につらいです。

仕事ができないつらさも、容量を越えてしまうともう仕事をしたくない、という発想に行きついてしまいます。

特に男性の場合は、仕事ができるかどうかが、女性からの評価対象の一つになることもあります。

結婚などにも影響を与えかねません。

そうならないために、仕事ができなくてつらい時の考え方についてご提案していきます。

仕事ができない社会人がつらいのは一時的なもの

仕事ができないと、そのつらさがいつまでも続くように思えて絶望してしまいますが、その心配はいりません。

仕事ができないつらさの多くは一時的なものです。

仕事に慣れていくことでそのつらさも消えていくからです。

時間が解決してくれる問題だと言ってもいいでしょう。

今は仕事ができないで毎日が憂鬱になっているかもしれませんが、数年後にはそんなことが嘘だったかのような振舞いをすることはできるようになっています。

ただし、それは毎日を一生懸命過ごした場合の話です。

仕事ができなくてつらいからと言って、不貞腐れて投げやりな態度をとっていては前に進めません。

成長していくことこそが仕事ができないつらさから脱出する方法です。

いまはつらくても、それが必ず将来に役に立ちます。

上手にそのつらさと付き合っていきましょう。

気が付いた時には自然と仕事ができるようになっています。

仕事ができないつらい社会人は原因を考えていく

仕事ができないとつらいですが、つらいといつまでも言っていても仕方がありません。

解決のためにはなぜ自分は仕事ができないかを考えていく必要があります。

その理由によって対処法は変わっていきます。

ただ単純に仕事の内容が理解できていないので、あれば誰かに質問したり時間をかけて慣れることで問題は解決します。

業界や専門の知識がない場合も勉強していけば済む話です。

仕事ができないのは、その仕事に適したスキルや知識がみについていないだけです。

それを身につけていく過程で自信も付くので、つらいとは思わないようになります。

営業職など結果が求められる仕事の場合は少し勝手が違いますが、自分の癖を把握していけば対策がみえてきます。

営業は人によってスタイルが違うもので、できる人の真似をすれば良いというものでもありません。

自分のやり方を確立していくと結果もついてくるようになりますので、いつまでも仕事ができないということはありません。

まずは今の自分の課題を洗っていけば、なぜ仕事がつらいのか、どこができていないのかがわかってきます。

仕事ができないつらさは他人には伝えにくいもの

仕事ができないつらさを、周囲の人にわかってもらうのは意外と難しいです。

同じ悩みを抱えていた人であれば相談相手にもなりますが、過去のつらさを忘れている人も多いです。

そもそも仕事ができないということが理解できない人もいます。

仕事ができないつらさをわからない人にいくら説明しても伝わらず、甘えていると決めつけられてしまうのがオチです。

無理にわかってもらおうとすることは得策ではありません。

相談する相手は選んでいく必要があります。

また、仕事ができない理由も人によって違います。

つらいという感情は理解し合えても根本的な悩みの解決には繋がりにくいです。

自分の気持ちをしっかりと理解してくれる人が周囲にいないと、孤独を感じて余計につらいと思ってしまいますが、そういうものだと割り切ってしまうことも大切なことです。

それを理解していないと「どうして誰もわかってくれないんだ」と不満を募らせることになります。

特に男性の場合は仕事ができて当たり前だと思われやすいので、他人に期待し過ぎると逆に傷つけられてつらさが増します。

仕事ができないてつらい社会人の対処法

仕事ができなくてつらいという気持ちはやがて薄れてはいくものですが、当面の対処法も考えなければいけません。

今の仕事ができないつらさに負けてしまうと将来も何も考えられなくなってしまうからです。

仕事ができないつらさは即座に解消できるものはありませんので、しばらくはそのつらさをごまかしていくしかありません。

趣味などの楽しみを持つのはその中でも有効な手段です。

仕事がある日はつらい思いをしても、休日はおもいっきり楽しむことで、一瞬でもそのつらさを忘れることができます。

オンとオフの切り替えができるのは、仕事ができる人の条件でもありますので、まずは意識的に切り替えができる人を目指していきましょう。

仕事ができないから遊ぶことを考えられないと言うのではなく、仕事ができないからこそ遊ぶことを考えてみても良いのです。

切り替えが苦手な人には日記を書くことをおすすめします。

毎日ではなくてもいいです。仕事で失敗してしまった日などに、その時の気持ちを書き遺しておくことで冷静になることができます。

冷静になると、その失敗も実は大した問題ではなかったと考えることができる場合もありますので、少し気持ちが軽くなります。

継続して記録を残しておくことは後で振り返った時にも効果を発揮します。

仕事ができないと思っていると、自分がまったく成長していないと考えてしまいがちです。

振り返ると以前より確実に仕事ができるようになっていることがわかります。

それは自信に繋がりますので、つらい気持ちも治まっていきます。

仕事ができなくてつらいなら別の道も考える

仕事ができなくて本当につらい時には別の道も選択肢に入ってきます。

仕事には相性がありますので、今の仕事ができないからといって、全ての仕事ができないとは限りません。

転職をしたら次の仕事では大活躍をできたということはよくある話です。

ここまでお伝えしたように今は仕事ができなくてつらくても解消することはできます。

なので少しつらいことがあったらかと言ってすぐに別の仕事に移ることはおすすめしません。

ですがじっくりと考えた結果、今の仕事はどうしてもできないとなれば転職をして新たな道を模索しましょう。

仕事は1つだけではありませんので、選択肢はもっておくべきです。

仕事ができないつらい社会人の改善方法を解説-まとめ

仕事ができなくてつらい時にはその仕事に真摯に向き合うことが大切です。

そうすることで次第に仕事のことも覚えていき、仕事ができない状態からは脱することができるのでつらい気持ちもなくなるからです。

投げやりになるとそれも望めませんので、いつまでも仕事はできないままです。

仕事は急にできるようになるものではないのでしばらくは我慢も必要です。

気持ちの切り替えを学びながら徐々に成長していきましょう。

本当につらい時には転職してしまうという手もありますので今の仕事ができないからといって駄目なわけではありません。

自分の将来を考えるためにも仕事には真面目に向き合っていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です