転職を失敗しないで絶対成功させる方法4選!【後悔しない転職とは?】

こんにちは、ヌサバリです。

転職はキャリアアップを図りたいとか、現在勤めている会社に対して何らかの不満を抱えていて解決できない、と思ったりしてその活動を始めることでしょう。

そこで、転職活動をどのような理由で行うとうまくいかないか、それと転職先でモチベーション高く仕事をしていくための、心の持ち方や必要なことについて一つずつ書いていきたいと思います。

転職を失敗しないで絶対成功させる方法①-今勤めている会社で目標を達成できないかを考える

今の会社でやりたいことができないと思って、他の会社のホームページなどを閲覧して情報収集をした結果、その会社で自分のやりたいことができそうだから転職したいと思ったとします。

その転職は果たしてうまくいくでしょうか?結論から言うと、その転職はきっとうまくいかないでしょう。

理由としては、自分にとって都合のいい情報しか頭に入っていないためです。

情報収集しようとすると、その会社で働いている人に聞かない限り、いい情報しか入ってこないことが多いです。

一部分の情報を信用して、実際会社内に入ってみたら、前の会社に比べて劣悪な環境で働くことになってしまうことも少なからずあります。

まずは今勤めている会社でキャリアアップすることは本当にできないのかを冷静に考えてみましょう。

今行っている仕事にやりがいを感じていないのは、まだ仕事の内容の全体像が見えていないということもあります。

経験をさらに積んでいけば、自分がやりたい仕事を任せられる可能性もあります。

転職することになれば、同業種で仕事の内容が似ていたとしても、その会社ごとのやり方がありますから、ゼロからのスタートになってしまいます。

冷静に時間をかけて考えて、そのリスクを背負うよりも、今の会社で働くメリットが大きいと判断できたのなら、転職は踏みとどまるべきでしょう。

転職の方のメリットが多いと判断できたら、転職活動を始めるべきです。

転職を失敗しないで絶対成功させる方法②-人間関係のもつれによる転職はうまくいかない

転職をしたいと思う理由で、上司や同僚との人間関係がうまくいかないからという理由がかなり多いことも事実です。

この理由での転職は絶対にうまくいくことはありません。

転職先で必ず人間関係がうまくいくという保証もありませんし、たとえ人間関係が改善したとしても仕事の内容が自分に合っていなかったということもあります。

ただ、人間関係が悪いと、仕事にやりがいがあったとしても、精神的に苦しい状態で仕事をしなければいけませんので、転職したいと思っても不思議なことではありません。

少しでも改善するために、できることをやってみましょう。まずは、一人で抱え込まずに身近にいる信頼できる人に相談をすることが大事です。

もやもやしていたものがなくなる可能性があります。

また、会社内に多くの部署がある場合には、異動を希望するというのも一つの手です。

特定の嫌な人から離れるという意味では、顔を合わせることがかなり減ることが予想されるため効果的といえるので、相談をしてみてもいいでしょう。

また、自分自身が相手に対して過度の期待をしているために、自分の思い通りにいかないからと不満をもってしまうこともあります。

自分を変えることはできても、相手が大きく変わることはなかなかありませんので、ある程度の割り切りが必要になります。

割り切ることができれば、不満が少なくなるはずです。

転職を失敗しないで絶対成功させる方法③-不満のない会社は存在しない

転職をしたいと思った時に、自分なりに条件をいくつか持っているはずです。

こういう仕事をやりたい、今の会社よりも高い給料のところがいい、仕事の後の時間を大切にしたいから残業は極力少ない方がいい、雰囲気がいいところがいい、などいろいろあると思います。

ただ、全ての条件を追いかけていては、転職先はいつまでたっても決まらないことでしょう。

どこかで妥協をすることが大切になります。ただ、妥協をしすぎてあれもこれもと会社の面接を受けまくっていては、自分が何のために転職をしたいと思ったのかを忘れてしまうことになります。

転職を成功させている人は、この妥協点を間違うことはありません。条件をこれだけはどうしても譲ることができないものと、あった方がいいけどなくてもいいかなというものを分別しておくことが大事になります。

後は、その希望に合うところに履歴書や職務経歴書を提出していくだけです。

やりたいことが明確になっていますので、説得力のある書類を作成することができます。

転職を失敗しないで絶対成功させる方法④-人脈をたくさん作っておく

仕事をしていくうえで、会社内の人と付き合うのはもちろんのことですが、会社外の人とも仕事をしたり、話しをしたりという機会も多いはずです。

人脈をたくさん作っておけば、いざ自分が転職しようと思った時に様々なところから声がかかるはずです。

努力をしている姿を必ず誰かがみているものです。

また、転職をするからといって、前の会社の人脈を疎かにすることはあってはいけません。

なぜなら、特に同業種での転職の場合には、転職先での仕事のつながりで、現在の会社の人と仕事をするという機会がでてきます。

疎かにしていては、転職先での評価を下げてしまうことにもつながりかねません。

世界は意外と狭いものですので、自分と出会った人すべてに感謝をして仕事をしていくことがとても大切になります。

転職を失敗しないで絶対成功させる方法⑤-まとめ

転職は活動を始める前に、まずはこれまでの自分の仕事の内容を振り返ってみましょう。

やりたいことは転職先でしかできないのか、今の会社で達成できないのかを時間をかけて冷静に分析することが大切です。

もし、今の会社でできるのであれば、転職は踏みとどまるべきです。

人間関係がうまくいかないことでの転職は極力せずに、できることをやってみましょう。

もし、転職という決断をしたのなら、条件面で譲れないものと妥協できるものを自分のなかでまとめて、それをもとに転職活動をしましょう。

人間関係が豊かであれば、手を差し伸べてくれる人が出てくるかもしれません。

転職活動はうまくいかないと苦しいものですが、会社に入ってやるぐらいの強い気持ちをもって、前向きに行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です