仕事のプレッシャーから逃げたいときの対処法は?【不安を克服する方法】

仕事はプレッシャーとの戦いでもあります。

それは決して悪いことではなく、プレッシャーを受けることで成長に繋がる部分も多いにあります。

プレッシャーで強いストレスを感じることは多いですし、そのまま潰されてしまう人もいます。

なぜ仕事にはそこまでのプレッシャーがあるのか、どうやったらプレッシャーを感じないで済むのかを考えてみましょう。

仕事のプレッシャーや不安を感じさせる価値観

仕事のプレッシャーの種類は様々です。

周囲の期待によるプレッシャーやお給料に見合った働きができるかのプレッシャーなど、責任を感じることがプレッシャーになっていきます。

役職者になれば部下の育成に対してや結果を出さないと、降格させられるプレッシャーがあります。

新人でも将来の幹部候補として接してこられるとプレッシャーになります。

これは誰でも感じる種のプレッシャーですが、男性の方がプレッシャーを感じる機会は多くなります。

それは古くからある価値観による男性特有のプレッシャーです。

「男は仕事ができて当たり前」「男には家族を養う義務がある」などの価値観は性別に関係なく活躍する人が増えた現代でも根強く残っているものです。

それは誰かから言われて感じるだけではなく、自分自身の中にも存在する価値観ですので男性の場合は女性以上にプレッシャーを感じながら仕事をすることになります。

女性が活躍すればするほど「男なのに」という目で周囲も自分も考えてしまい、負けてはいけないと思うようになりやすいです。

まったく理にかなっていないものではありますが、その価値観がまだ存在している間は男性に大きなプレッシャーを与える要素となるのです。

仕事のプレッシャーのメリットとデメリット

プレッシャーは必ずしも悪いものではありません。

プレッシャーがあるからこそ人はそれを乗り越えるために成長することができますので、プレッシャーがない仕事をしているよりもよほど大きく成長できます。

なぜプレッシャーを感じるかというと、そこには責任が存在するからです。

仕事はあらゆる面で責任を持つことを求められます。

社内外の人に対して自分の言動に対して責任を持つ必要もあれば、自分自身の人生に対しても責任を感じることになります。

社会人は常に何かしらの責任を求められて、誰も助けてくれない状態になるからこそ、プレッシャーがあるのです。

聞くだけでうんざりしてしまいますが、責任感を持つことで人はやらなければならない状態になります。

適度なプレッシャーがあることは原動力となりますので、プレッシャーがある仕事があることはある意味では幸せなのです。

そうやってプレッシャーと向き合っているうちに自然と仕事もできるようになっていくのです。

一方でプレッシャーは大きなストレスでもあり、本来の力を発揮させてくれない面もあります。

しっかりと仕事をしなければならないと考えれば考えるほど本来の伸び伸びとした発想や行動は制限されてしまい、不本意な結果になってしまいます。

プレッシャーを感じすぎる人はそういった状態に陥りやすく、本来の力を発揮できないために実力に見合った評価をしてもらえません。

それだけであれはまだ良いですが、最悪の場合はプレッシャーによって仕事をすることが怖くなってしまい休まなければならない状態にもなります。

プレッシャーは上手に付き合っていくことが大切です。

まったくプレッシャーがないとモチベーションを保つのは難しいですが、敏感に感じても息苦しいだけです。

適度に無責任になりながらこなしていく能力が求められるのです。

仕事のプレッシャーや不安を感じやすい人

仕事のプレッシャーを感じやすいのは責任感が強く真面目な人です。

そ乃真面目さ故に仕事で起こる全てのことに敏感に反応してしまってプレッシャーの種を増やしていきます。

仕事の全てを受け止めるのは本来不可能です。

なので適当なところで取捨選択してできないことはできない、気にしないと割り切ることが必要です。

しかしプレッシャーを感じやすい人はそれができないですべてを完ぺきにこなさなければいけないと考えてしまって泥沼に嵌ってしまいます。

仕事には多少の無責任さも必要です。

先輩社員などの中には「この人はいい加減だ」と思う人もいるでしょうが、そのような人もそうやって自分を守っています。

長く仕事をしていくうちに自分なりに取捨選択ができるようになっていくものですが、早めにそれを身に着けないと苦しむことになります。

もちろん「多少」の無責任さなので何でもいい加減にしているようではいけません。

お伝えしている通りプレッシャーを感じることで成長もしますし、責任感があることは周囲からも信頼できる人として見られるので自分の価値を高めます。

自分の中でうまく潰されない程度に折り合いを付けていくことが肝心です。

仕事のプレッシャーを克服するための考え方

現在仕事のプレッシャーを感じている人はそのプレッシャーが良いプレッシャーか悪いプレッシャーかを考えてみてください。

周囲の期待が重くのしかかっているようであれば非常に辛いでしょうが、それは良いプレッシャーに入ります。

あなたに将来性があるからこその期待であり、実力を認められているですから喜んで良いものです。

プレッシャーに応えられれば明るい未来に繋がりますので頑張りどころです。

それが嫌なプレッシャーだと思うなら、苦しまないコツは他の人の言うことを全て間に受けないことです。

期待に応えられるかの不安はプレッシャーとなりますが、あなたにそのことを言った人はそれほど発言に責任をもっていません。

適当に笑って受け流すことも仕事をしていくうえで必要なスキルです。

反対に状況をまったく考慮されていない仕事量によるものや、生活の苦しさからくるプレッシャーはあまり質の良いものとは言えません。

もちろんそれを乗り越えれば大きく成長することになりますが、追い詰められた状態によるプレッシャーはストレスが大きいですし逃げ道がなく潰されやすいです。

仕事を変えてみるなど自分を取り巻く環境を見直すことも検討してみてください。

仕事のプレッシャーは逃げずに克服すると成長できる

仕事のプレッシャーは苦しいものではありますが必要なものでもあります。

一切プレッシャーがない仕事もまた苦しいもので、得るものも少ないので成長も感じにくくなります。

プレッシャーがあった方がモチベーションも維持できます。

長い目でみるとあった方が良かったとなります。

男性ですと昔からの価値観で家族に対してなどの種類のプレッシャーもありますが、乗り越えることで人間的に大きくなれます。

程よくプレッシャーを楽しみながら成長していってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です